【私が彼と別れた理由】32歳独身で寂しくないって言ったら嘘になるけど、、

細胞レベルで恋をしてた。私が依存した彼のこと

 

恋愛に正解が無いなんてことは最初からわかってました。

だって、32歳にもなれば人を好きになった経験くらいあります。

(32歳 愛知県Sさん)

たった一人のためにがんばれたあの頃

最初の出会いは職場で、彼はアルバイトで私はパートでした。
部署が違いましたので言葉を交わす事はほとんどなく、挨拶をしても彼は素っ気なくてあまり好きなタイプではありませんでした。

しかしあまりにも素っ気なく、嫌われているかのような態度だった事から何となく気にはなっていて、どうしてそこまで嫌われているのかを聞いてみたい気持ちがありました。

私の職場は若者同士の交流が多かったので、季節のイベント毎にアルバイトやパート、正社員の若者同士が集まって飲み会をしたり、遊びに出かけたりしていました。

その中で彼も参加していて二人で話す機会があり、彼の生い立ちの事情で女性が極端に苦手だという事が分かり、ようやく今までの態度に納得がいったのです。
その話を聞いた事でわだかまりが消え、彼と普通に話す事が出来るようになったと同時に彼への興味がどんどん湧いてきました。

年末年始を2人で過ごしたい

彼と仲良く出来る女性は限られていますし、もしそんな人と付き合う事が出来たら、とても大切にしてくれる予感がしていました。
その日から彼へのアプローチをし始め、年末年始を二人で一緒に過ごせるように話してみたり、一緒の時間を持つ努力をしました。

彼は慎重な性格でしたので、簡単には付き合ってくれないだろうという思いがあり、他の男性と仲良くせずにとにかく彼だけと遊ぶように努めました。
そして年末年始を二人で無事に過ごす事が出来、年明けに最初に職場で会った日に彼から告白してくれたのです。

無口であまり社交的ではない彼が自分から告白してくれるとは思わず、とても嬉しかったのを今でも覚えています。

仕事終わりに貸した本を返してくれるという理由で、家の前まで送ってくれる途中に告白してくれました。

家まで送ってくれたのは初めてでしたので、何か話があるのかなと思っていた矢先の出来事でした。

お互いに初めて出来た彼氏彼女同士で、結局その彼とそのまま結婚しましたので、運命の出会いだったのかなと今では感じています。

 

2年前に別れたご主人との出会いを振り返る。

(32歳 埼玉県 M子さん)

 

細胞レベルで恋する20代の思い出

私は、ちょうど彼氏がいなかった時に、同級生の友達から

「彼氏は今いる?紹介したい子がいるんだけど。」

と言われました。

彼氏が欲しいと思っている時期ではなかったのですが、友達がそのように誘ってくれたので、とりあえず、グループ交際という形でその人に会ってみることにしました。

その、紹介された男性というのは、私の友達とその旦那さんの共通の友達なんだそうです。

私の友達もその旦那さんも、私の紹介をしてくれた男性のことをとても気に入っているらしく「とても優しくていい子だから」と言われていました。

全くの見ず知らずの人だと、会うのは怖いですが、友達の紹介ということでしかも、「いい人だから、きっと大丈夫だよ」と言われていたので、会ってご飯を食べてみるのはとても楽しみでした。

女3人男2人で初めての出会い

そして、私を含めて、女性3人男性2人でご飯を食べに行くことになりました。
私の前には、その紹介してもらっている男性が座ることになったのですが、私も男性も、基本的に初対面の人に自分から喋っていくタイプではないので、周りの人がしゃべるのを聞くという感じで、お互いに会話をすることはありませんでした。

連絡先を交換して毎日のようにメール

普通にご飯が終わり、そのままお店を出て、お店の前でみんなでしゃべっている中で、みんなで連絡先を交換しようということになりました。

そこで、私も相手の人と連絡先を交換し、それからメール始めることにしました。
相手の人はとてもマメな人だったので、毎日メールのやり取りが続き、2週間ほどした時に、今度は二人でご飯に行ってみようということになりました。

そして、二人でご飯を食べ、ここではゆっくりとお互いに会話をしました。
そして、そのご飯を食べてまたメールは続いていったのですが、その中で

「これからは二人で会って話がしたい」

というふうに言ってもらい、それからは、二人で会うことになりました。

こうして私達2人はお付き合いをすることになりました。

友達からの紹介というのは、初めてだったのですが、その人の人柄もわかりますし、友達に相談もできるということで、いいものだなと思いました。

そんな彼との懐かしい話です。

 

昨年終わった恋の始まりを語る

(東京都 32歳 Nさん)

 

 

新しい出会いは必ずここにあります。